私はもともと肌が強いほうではありません。実は私、しばらくの間肌に合う化粧品がなく、化粧品ジプシーをしていました。 最初は、有名化粧品メーカーのものを使ってみたのですが、肌荒れをしました。 次は敏感肌用の化粧品を使ってみましたが、これもまた合わない。結局ボディ用の化粧品になってしまいました。(手や足なら荒れませんでしたので) こうなったら最終手段。無添加化粧品だ!これなら肌は荒れないだろう思い、無添加化粧品を使ったのですが、一番ひどい肌荒れを起こしてしまいました。 無添加なのになぜ?無添加って添加物が入っていないんですよね。何が悪いんだろう。 原因を探ろうと思い、最初に使った化粧品と、2番目に使った化粧品、そして最後に使った無添加化粧品の成分を見てみることにしました。すると3つの化粧品の中に共通して入っている成分がありました。お肌に良いとされているあの成分。もしやこれが肌荒れの元凶。うん、そうに違いない。 早速ドラッグストアに行き、この成分が入っていない化粧品を購入しました。すると、完璧といわけではありませんでしたが、使ってもひどい肌荒れは起こしませんでした。肌に良い成分だからまったく気にしていなかったのですが、こういうこともあるんですね。お肌に良い成分も合わない人にとってはただの害。 これから化粧品を買うときはきちんと成分を見て買い、合わなかったときは、成分をチェックしようと思いました。 角栓除去 ... Read More