若いうちから頬のたるみが増していることを気に掛けている人は多いですが、加齢以外にも肌はたるむことがあります。肌のたるみは弾力を失ったために起きるものであり、原因はヒアルロン酸や、コラーゲンなどの保湿成分不足です。肌が本来蓄えているべき保湿成分が欠乏することで、肌の弾力が低下し、たるみが目立つようになります。肌のたるみは年齢による影響のほか、紫外線や不摂生も深く関係しています。皮膚のたるみは、ディスプレイ作業を一日じゅうしていたり、目に負荷をかけていることも関係します。猫背になる人が増えており、姿勢が悪くなることが頬のたるみの原因になり得るのです。あごを前に出して、背を丸めて作業をしていると、骨格に歪みが出やすいですし、頬のたるみが発生しやすくもなります。普段から、姿勢の悪さが癖になっていると、骨格や皮膚の状態が影響を受けやすくなって、皮膚がよりたるみやすくなります。長時間猫背の姿勢を続けていると、身体を保持するための筋肉が使われなくなって衰えてしまい、影響は全身の筋肉に波及します。頬のたるみを引き締めたい場合にすべきことは、油分や糖分、脂質の多い食事を摂らないようにすることです。油分も、脂質も、ある程度は摂取しないと身体機能を維持することは難しいので、体が欲する分は補給する必要がありますが、必要以上は食べたくてもガマンすることです。顔のマッサージも有効ですが、力を入れすぎるとかえって刺激を与えすぎ、真皮層を劣化させ、シミやシワの原因にもなるので気をつけましょう。 美容マスクの人気おすすめアイテムは? ... Read More