にきびの予防には、なんといっても正しい洗顔一番有効なのです。肌を清潔にすることが大切なので、メイクはしっかりと落としましょう。 でも、肌に油分の多い状態はにきび予防にはよくありません。ですからクレンジング剤を選ぶときは、油分の多いものは避けましょう。クレンジング剤は、油分が多すぎず、また少なすぎないものが良いですね。 洗い流すタイプのクレンジングが、肌への負担が少ないのでおすすめです。そしてなるべく刺激が少ないものがいいので、スクラブ洗顔料などは避けましょう。 次に、洗顔は弱酸性の洗顔料をよく泡立て、やさしい泡で洗うのが基本です。汚れをしっかり落とそうとして、ゴシゴシこすってしまうと肌を痛め、にきびを悪化させてしまうことになりますので気を付けて下さいね。 顔を洗う前には、髪をヘアバンドなどでまとめて顔にかからないようにしておくことも大切です。髪の生え際の洗い残しは毛穴をふさぐ汚れの原因になります。洗い残しがないように、生え際までしっかり洗うようにしましょう。 洗顔料を使う前に、人肌くらいのぬるま湯だけで軽く洗って毛穴を開きます。こうすることで汚れを落としやすくします。洗顔料はよく泡立てて、肌の中心から外側に向かって洗っていきます。力を入れすぎず、やさしく丁寧に洗うことがポイントです。 最後はぬるま湯で洗い流します。このとき肌をこすらないようにしましょう。タオルでふくときも、肌をおさえるようにして水分を取りましょう。毎日の洗顔を正しく行うことは、にきびの改善や予防に大変効果的です。洗顔の後にはメルラインが効果的だそうです。日々実践してきれいな肌をめざしたいものですね。 ... Read More