最近では、多汗が肌によくないという情報が一般知識になりつつあり、 顔汗対策を行う人が増加してきています。 今や多汗対策として、外出する時には顔汗止めを塗るのは当たり前という時代になって来ました。 顔汗止めを肌に塗ると、かゆみが赤みなどの症状が出る人もいて、 外線対策に苦労している人も少なくないようです。 敏感肌の人の中には、顔汗止めクリームをつけると肌が赤く腫れるという人や、 一度で懲りたという方もいます。 顔汗止めを目的にして、お肌にクリームをつけていると肌トラブルが起きるのには、 幾つかの理由があります。 顔汗止めクリームは、商品によって様々な機能があります。 あるクリームに配合されていても、別のクリームには入っていないものもあります。 多汗吸収剤と、多汗散乱剤のうち、 どちらの成分がどれだけ含まれているかでクリームは異なります。 多汗吸収剤が含まれいてる顔汗止めは、実は敏感肌の人が使用すると、 かゆみや赤みの症状を起こしてしまうそうです。 敏感肌の人は、顔汗止めが肌に合わないのではなく、 多汗吸収剤が合わないだけというケースも考えられます。 多汗散乱剤が配合されている顔汗の対策クリームは、 肌が敏感で荒れやすいという人にとって使いやすいクリームでしょう。 顔汗止めクリームの商品仕様に、 ノンケミカルと記載されている商品を探すようにするといいでしょう。 ノンケミカルと書かれている顔汗止めクリームなら、 多汗散乱剤だけが使われていますので、使いやすいでしょう。 顔汗 止める   ... Read More